クリネタ・バックナンバー




No.10 2010年夏号

特集!「なぜ映画なの?」

CM監督が、アートディレクターが、写真家が、お笑いタレントが、そして小説家が、いま、
映画製作に挑むその理由とは何か?映画の魅力をクリネタ的視点から探る大特集!
それにしても、映画は本当にいいものですね!

Musician Interview「喜多郎さんの有難いお話」
世界的ミュージシャン、ついに本誌初登場! 音楽から、私生活、そして今の時代のことまで、喜太郎節、さく裂!

Novelist Interview「児童文学というゲージツ。篠原勝之」
あの着流しのKUMAさんが、なんと児童文学作家にもなっていた!
晴耕雨読の生活が偉大なる作家を生みだした。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません