クリネタ・バックナンバー




No.13 2011年春号

特集 「慌てず、騒がず、お茶を一服。」

クリネタ茶道事始

「特集は、茶やね」とポツリと言った長友編集長の鶴のひと声で、
エラいことになってしまったのである。
茶道のサの字も知らないで生きてきた輩に、
果たして、茶道の特集など組めるのか?
それが、行き当たりバッチリ! いつもの強運にも恵まれて…

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません