クリネタ・バックナンバー




No.15 2011年秋号

特集 「巷の、料理人伝」

言うまでもないことだが、
食べるという生存維持行為のために、
料理を行うのは、人間だけである。

料理とは、食物をこしらえること。
人間がこしらえる以上、ふたつと同じものはない。
100人いれば、100の味が生まれる。

その料理というクリエイトに魅了されている人、
そのクリエイトに人生をかけている人。
街で、噂の料理人という人種。
その生き方もまた、なかなか味わい豊かなのだ。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません