クリネタ・バックナンバー




No.22 2013年夏号

特集 「人は文なり」

かの名言「文は人なり」と言ったのは、どこぞの文豪かと思いきや、なんと、フランスの植物、数学学者であった! その名を「ビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレール」という舌を噛みそうなお名前だ。英語で言うと「The style is the man (himself).」「文体は人間そのもの」だという。ビュフォンが「文体こそ人間だ」と語ったのなら、クリネタはあえてこう言おう。「人間こそ文体だ」と!(対抗してどうする?)英語で言えば 、「The man is the style」だ。ただひっくり返しただけじゃね~か! と言う勿れ。人間だけが持つ「書く」という能力。「人間こそスタイルそのもの」なのだ。ここに集まれし、各界諸氏書き下ろしによる掌編のかずかず。百花繚乱のスタイルが咲き誇ってござる!(何で、ござるなんだ?) 文にも強いクリネタ、じっくりとご熟読、あれ!(何で、あれなんだ?)

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません