クリネタ・バックナンバー




No.03 2008年秋号

特集 もうひとりのデザインの神様

倉俣史朗を忘れない。

プロダクツから空間まで…倉俣デザインはどのように生み出されていったのか。
その創造力の源泉はどこにあるのか。
青葉、浅葉、長友、3人のグラフィックデザイナーの巨人に、
倉俣に最も近いところにいた伊藤女史を交えて語り尽くした
倉俣史朗エピソードのかずかず。これを読まずして、デザインは語れない。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません