【クリネタ名物アンケート】

最近、 腹が立つこと

日々生きていれば、楽しいことばかりじゃない。喜怒哀楽、喜びのあとには怒りが来る。
何かと、いろいろ怒りたくなる世の中です。さて、皆さんはどんなことにお怒りか?その怒りから時代が見えてくる!?

  • 長友啓典 クリネタ編集長
  • そんな自分に…
  • 電車の中で大股を広げてスマホをしている屈強な若者。群をなしている学生の傍若無人な態度、食べもの屋さんで胴問声を張り上げ、食材をいちいち「どこでとれた」だのと聞く御仁、腹の立つ人達に出くわすことが多い。それはしょうがないとして、今日このごろは面倒になるのがイヤなのでそんなことに関心がなくなった風に装っている自分に腹が立っている。
  • 山岡 茂 編集団
  • 怒りは難しい
  • 齢を重ねると、イライラ募り怒りっぽくなる。酒席の折なんぞ、上下左右の年若の者共にツイ上から目線の蘊蓄など、己の立場の自慢話。気を付けなければと自重しているつもり。身近に長友さんと云う掛け替えの無いお手本が。これは救われる。この時代怒りは難しい。優しさが何と言ってもトレンド。礼儀を失する事があれば怒る様にしているが。青春時代に喧喧諤諤(けんけんがくがく)闘わした生き方論で怒る事が出来ない時代かも知れない。
  • 柴田常文 編集団
  • 毎朝、チェッ!
  • 目が覚めてしまうのだ。しかも、パッチリと! 決して尿意が近いとか、頻尿でお悩み、ということではない。そのパッチリは、キッチリ就寝4時間で、なのだ。12 p.m.にオヤスミなら、4 a.m.に。1 a.m.グッドナイトなら、5 a.m.に。何なんだろうな? とくに週末などは、爆睡するぞ! と勇んで寝るのに、このザマだ。最近は目覚ましも鳴らない。時計を見てはガッカリ、舌打ちするばかりだ。もうちょっと寝ていよう、と床の中で悶々とするのだが、もうだめだ、とゲットアップ! 今朝もハヨから、朝ウォー(ウォーキング)へ。
  • 平田静子 編集団
  • ラッシュの電車
  • 最近の世の中、ますます自分勝手で、自分のことしか考えて無い人が昔よりふえている。特に公共の場、満員電車なんざあひどい。42年間サラリーマン生活を送っていたので毎朝の通勤ラッシュが 、それはそれは大変でした。ギューギュー詰めの電車で会社に着いた時はそれだけでグッタリ。自由な出勤時間になった今、めったにラッシュ時に電車にのることはなくなったが、それでも時折乗らねばならない。そんな時、必ずといっていいほどわざと押して来たり、睨みつけたりする人がいる。先日など、若い男から、おすんじゃねーよ! とどなられた。ナニー! 誰だってギュー詰め好き好んで乗ってるわけじゃないし、誰だって知らん人とひっつきたくないっつうの! みんな、我慢してるの! 譲り合おうよ。優しい気持ちもとうよ! ねっ!
  • 鈴木剛 編集団
  • 意志の弱さに腹が立つ(自分に)
  • ここ数年、体重が○○kg増加した。歳を取るのと同じく、服のサイズが一つあがっていく。数年ぶりに会う知人には必ず「鍛えてるの?」って優しい言葉をかけられる。もうイヤだ。早く元のカラダに戻りたい…。よしっ、明日から痩せるぞ! 気合いを入れてダイエットスタート! ウォーキング、揚げ物禁止、ラーメン禁止、早寝早起き…。3日目、少し体が軽くなる! いい感じだ! 4日目、雨が降りウォーキング中止。5日目、明け方まで仕事。朝起きれずウォーキング中止。6日目、大阪出張。串揚げの誘惑に負ける…。そして7日目、リバウンド開始。これを繰り返すことで、見事なカラダが出来上がり! ホントに腹立つ! 自分に! その気持ちを忘れずに、次こそは頑張ります!
  • 野田幾子 編集団
  • ネットワークインフラの不具合
  • 「インターネットがつながらない」。事実はシンプルですが、想定できる原因が多岐に渡りすぎ、あちこちあたるだけで時間を喰って疲弊します。サービスプロバイダと大元の回線業者が異なるとさらに面倒に。回線がつながっていないのにサービスプロバイダからは課金され、現状を訴えて見直しをお願いしても「個別対応してないんでぇー」。 久々に腹が立って電話ガチャ切りしました。大人気ないね。
秋山 晶 ライトパブリシテイ代表取締役CEO
朝イチで腹が立ったこと
安藤 隆 サンアド 制作本部
中国の美人報道官
市川友子 PR会社 凛 取締役
キャットタワーに激おこ
一倉 宏  コピーライター
「おとな」にです
今井 一 フジ・メディア・ホールディングス 経営企画局
いろいろあるけど…
岩永嘉弘 ロックスカンパニー 主筆
ぶつけられた自分に、怒!
えなみ眞理子 スタイリスト
喧嘩上等
大谷裕巳 株式会社日美 代表取締役社長
自分に腹が立つ
大西一平 プロラグビーコーチ
信号機の電球交換
奥平イラ イラストレーター/マンガ家
猫との闘い
小野田隆雄 コピーライター
キミは早死にした同級生か?
門上武司 
フードコラムニスト/「あまから手帖」編集顧問
我が身の情けなさ
川島文夫 PEEK-A-BOO 代表
ストレス解消!?
韓 麻木 おいしいしごと/フリーライター&編集
その気にさせようとする男
北山孝雄 プロデューサー/北山創造研究所 代表
こんな街に誰がした!
くぼたかずこ 新宿ゴールデン街 Bar「十月」
正体見たり雨の日は
操上和美 写真家
冗談
小泉 誠 家具デザイナー
バカ親
小島 元 神谷町 いないいないBar「我々gaga」
挨拶みたいに言うけれど
児島令子 コピーライター
はがしにくい宛名シール
近藤和葉 株式会社おみやげカンパニー代表
悲しくなる
椎根 和 作家
別バラの怒り
島本脩二 編集者
ああ! ラブ&ピース
鈴木清巳 イシマル チーフデザイナー
きおくのひ
副田高行 アートディレクター
原発のこと
竹山 聖 建築家
それでいいのか
立川直樹 プロデューサー/ディレクター
もう腹も立たない
垂水佐敏 クリエィティブディレクター
「〜すぎる!」表記が多すぎる!
千葉 茂 日本工学院 学校長
高校の無償化に腹が立つ
TAOSA TOHKURA 
クリエイティブディレクター/コピーライター
安倍政権
中島永晶 大妻女子大学教授
七咲友梨 写真家/役者
パパっと撮ってくれればいいから
納島正弘 グラフィックデザイナー
腹が立つのは、カラダに良くないかなぁ…
野地秩嘉 作家
三軒茶屋の中華「三友軒」
マイク前川 
ロケーションコーディネーター/ハワイ在住
最近、腹が立った事というか呆れた事
森田恭通 デザイナー
なんでないねん!!
矢野寛治 コピーライター/映画評論家/評伝作家
ヘイト・スピーチ
四方義朗 なんでも@プロデューサー
腹もたたない腹立たしさ
渡辺達生 カメラマン
魔女の一撃

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません