【クリネタ名物アンケート】

小さい頃、何になりたかったですか?

末は博士か、大臣か……幼い頃は、いろんな憧れを抱いていたものですよね?
それが、さまざまなジンセーを経て、今に至っておるわけでございます。
皆さまは、小さい頃、何になりたいと思っておられたのか?
時は春! 胎動の春でございます。……と書いてアンケートをお願いしたところに、ドスン!
といきなり未曾有の日本になってしまいました。こんなノ~テンキなことに、
お答えを寄せて頂いた皆さま、ホントにありがとうございました。

  • 長友啓典 クリネタ編集長
  • 「藤山寛美」
  • 何べんも何べんも大阪道頓堀の中座(松竹新喜劇の本拠地)の楽屋入口を行ったり来たりしていた。昭和三十年の頃だ(高校一年の時)。渋谷天外率いる松竹新喜劇が全盛の時である。藤山寛美さんがスターになりかけの頃だ。笑わせて、泣かせて、阿呆で賢い役どころの彼が大衆の心を掴んだ。役者藤寛美の弟子になりたいと憧れての行動だ。結局デザイナーになっやが、今も志として「藤山寛美」的アートディレクターを目指している。そんな人に目っ茶「なりたいんです」。
  • 山岡 茂 編集団
  • 「天文学者」
  • 小学生の頃。まだ夜空の星がキラキラと夏場でも良く見えた昭和。兄弟で扇風機も奪い合い。茹る暑さの京都。夕涼みがてらに町内の床几に団扇を持ってゴロッと寝転びながら天を仰ぎ星を眺める。遠く近く、赤、青、黄に瞬く星々。まるで手品に掛った身体のように、水平に音も無く天に吸い込まれて行く感覚。今思えば至福の時であった。何10万光年の星を永遠に見つめる。ああ!! 天文学者になりたかったのに。
  • 柴田常文 編集団
  • 「トラック野郎」
  • 住んでいた町に旅芸人の一座がやって来た。子役の娘がクラスに転校して来た。可愛いコだった。親に内緒で小屋に観に行ったり、勉強を教えてあげたり……でも2ヵ月経つとまた次の町へ去っていった。ついて行きたかった。走り去る小型トラックを泣きながら追いかけた。気がつくと、座布団の上に丸いお盆をのせてハンドル代わりにして、アチコチ旅する夢想をよくしていた。渥美清の「フ~テンの寅」も、菅原文太の「トラック野郎」も、まだいなかったけれど、そういう人になりたかった。
  • 安藤耕一郎 編集団
  • 「味噌屋」
  • いまでも一部には残っていますが、わたしが子供だったころ、味噌は量り売りが当たり前でした。塗りの桶に山のカタチになっているものから好みのものを指定すると、店の人が大きなシャモジで掬い取って、秤に乗せます。それを経木に移して一丁上がりでした。そして、店の人は減ってかたちの崩れた山をシャモジで成形するんです。これがやってみたくて、いつか自分も味噌屋になろうと決めていました。それにしても、どうしてあんなに味噌の山のことなんかが気になっていたのか、脳の味噌が変な子供だったとおもいます。
秋山 晶 ライトパブリシテイ代表取締役CEO
「星々の彼方へ。」
秋山具義 アートディレクター
「赤塚不二夫になりたかったのだ!」
あずみ虫 イラストレーター
「ムツゴロウ動物王国」
阿南一炊
「夢よ、もう一度」
安西水丸 イラストレーター
「漫画家」
井筒啓之 イラストレーター
「漫画家」
今井 一 サンケイリビング新聞社 常務取締役
「探偵、そして、スパイ」
えなみ眞理子 スタイリスト
「探偵」
小黒一三 月刊『ソトコト』編集長
「生来、半官贔屓」
小津美智子 ストラテジック・プラナー
「これKARA! だ」
小田由美 六本木OPP
「国家公務員」
小野鉄二郎 月刊『ソトコト』編集長
「医者の息子は医者」
小石原宣子 料理研究家
「ほぼ、夢実現」
海藤春樹 ライティング・デザイナー
「透明人間」
門上武司 フードコラムニスト
「巨人、大鵬、卵焼き」
川島文夫 PEEK-A-BOO
「外人」
韓麻木 おいしいしごと
「キャリアウーマン!」
北山孝雄 北山創造研究所代表
「起きているときは いつも楽しく」
木村 勝 パッケージデザイナー
「図案家か志ん生の弟子」
操上和美 写真家
「競馬の騎手」
小泉武夫 食文化論者・発酵学者
「船乗り」
児島令子 コピーライター
「少女漫画家」
坂井直樹 慶応SFC教授 / コンセプター
「小さい頃は飛行機のエンジニアになりたかった」
佐藤可士和 アートディレクター
「たくさんの夢」
清水正夫 共同通信編集委員・論説委員
「ツタンカーメン!」
鈴木剛 コミュニケーション・プロデューサー
「スーパーマン」
鈴木琢磨 毎日新聞編集委員
「GNPとカブトムシ」
AOSA TOHKURA CD、コピーライター
「月給取りには、なるな」
立川直樹 プロデュ―サー / ディレクター
「外交官」
垂水佐敏 京都造形芸術大学 教授
「大魔神」
千葉 茂 日本工学院専門学校 学校長
「こんな子供時代だったんだ!!」
中島永晶 大妻女子大学教授
「ツアーコンダクター」
中田宗孝 通りすがりの編集者
「職業軍人」
中野利彰 企画演出
「ジツギョウ家?」
納島正弘 グラフィックデザイナー
「やっぱりパイロット」
野地秩嘉 作家
「やっぱりパイロット」
浜田 茂 高知新聞編集局次長
「クリーニング屋」
原口博光 ダントーホールディングス代表取締役社長
「夢は社長!?」
半沢克夫 写真家
「猿飛佐助」
ひびのこづえ コスチューム・アーティスト
「絵を描く人」
平田静子 クリネタ編集団
「スチュワーデス」
広谷純弘 建築家
「車掌さん」
マイク前川 ロケーションコーディネーター
「カウボーイ」
松本ちえこ 元アイドル or 女優
「美容師」
南川三治郎 写真家
「少年自衛隊隊員になりたかった中学生時代」
三好和義 写真家
「迷いナシ!」
矢野寛治 コラムニスト・エッセイスト
「ヤクザ」

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません