【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2011.12.30

今年の漢字2文字 「水」と「独」

柴田常文 (コピーライター / クリエイティブディレクター)

2011年の漢字一文字を、清水寺の坊さんは「絆」と書きましたが、私なら「水」と書きますね。思い起こしてみてちょうだい。

1月のオーストラリア大洪水、ブラジルの大洪水からはじまり、3月の東北大震災の津波、8月にはアメリカ北東部をハリケーン「アイリーン」の直撃、9月には台風12号、15号による記録的な集中豪雨と土石流、パキスタンでは洪水、そして10月、フィリピンでは台風による洪水、そしてあのタイの大洪水…水、水、水だ。地球のあちこちで、水がこれほど牙をむくとは、水知らずでありましたなぁ。(座布団をとれ!)

さらに考察をいたしますと、「独」という文字。独裁の独であり、孤独の独。

こんなに独裁政権が崩壊するとは誰が予想したでしょう。これまた想定外の出来事でしたなぁ。23年以上にわたったチュニジアのベンアリ政権、29年間のエジプトのムバーラク政権、42年間にわたってリビアを支配したカダフィの死、そしてついには北朝鮮の金正日までも…。 そういえば、ウサマ・ビンラディンの殺害、スティーブ・ジョブズの死も独裁者と言えば、独裁者だし、大阪で「独裁」と叫んだ知事は、これまた想定外の大勝でしちょうになっちゃったなぁ…。

さて、2012年、来る年はどんな1年になるんだろう? 辰年のタツてのお願いは、もう何もないことを祈るだけ。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません