【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2012.03.02

恥を知れ! ②

柴田常文 (コピーライター / クリエイティブディレクター)
大妻女子大キャラクター「おーたん」

「ロハス感性論」という難しいタイトルがついたこの授業。昨年は、クリネタネットワークを駆使して、ソトコトの小黒さんをはじめ、ソウソウたる方々を招聘してロハスはファッションに、CMに、コスメにどんな影響を与えたか? という真面目な授業を展開して疲れた。

で、今年は「ロハスはそもそも人間と地球との本来のあり方を考える思想だろう。だとしたら、そもそもの人間である‘じぶん’がいったい何者であるのか? その本来の‘じぶん’というものを探してみようじゃないか!」という強引グマイウエイ的理屈で「本来の‘じぶん’を探す旅」という授業を展開したのである。

まず最初にアンケートを実施した。「尊敬する人は誰ですか?」というアンケートに、圧倒的にイチバンの人がいた! 誰だと思います?・・・・・・「母親ですよ! 母親!」いやぁ、ビックリしましたねぇ。今ドキの女子大生の尊敬する人は母親なんだ! と。

その理由は、「私を生んでくれた人。よき理解者。向上心がある、思いやりがある、家事と仕事を両立している。笑顔。頼れる存在。私の一番の理解者。アタマが良くて、美人。いつも前向き。才色兼備。家族の中心。明るい。一人暮らししてみて初めてスゴイと知る」などなど、オヤジ真っ青、の絶讃なのであった。で、アンケートからみた大妻女子大生像というものを以下のようにまとめてあげたのである。

「私は、大妻の3年生(一部4年生)。就活や将来への不安は、いっぱいあるけど、政治とかにはあまり興味が持てなくて。やっぱり女の子だもん、キレイになりたいし、ファッションとか、オシャレとか、ダイエットとか、音楽とか、趣味とか、そういうものに関心をもつのは当たり前。もちろん素敵な彼と恋がしたい! キチンとした習い事を身につけて、チャンとした女性になるんだ、私。お母さんのように、ね。 うん。あ、今日は、なんだか髪がパサついてる! 今晩何食べよっかなぁ・・。」 読みあげたら一同、ウンウンと頷いておったぞ。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません