【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2012.06.01

歩きはじました。

吉永 淳 (クリネタ編集団 / フリーランスコピーライター)

新しいことをはじめるときは、道具が必要だ。水泳をはじまるならスイムウエアとゴーグルとキャップが必要だし、写真をはじめるならカメラを用意しなければならない。相変わらず太り気味だったので、何かしなくてはとはじめよう思ったのが、ウォーキング。真っ先に買ったのが万歩計だ。今年の1月、東急ハンズへ行って20種類ほどの中からタニタ製を買った。機能的にはどれを買っても同じかもしれないが、ずっと使えそうな感じがするデザインを選んだ。

でもその万歩計は机の奥に3ヵ月しまっていて、なかなか行動に移せなかった。やっと動き出したのは4月になってからだ。このままだといままでに買った夏の服が着られないことに焦りだし、やっと万歩計の時計をセットして、年齢、体重などの情報を入力した。減量がいちばんの目的だが、食べたり飲んだりするのをやめて減らすのは不可能なので、歩けるところから、歩くことにした。そして4月の中旬からは、一日一万歩以上歩くことをつづけている。

まず渋谷のスポーツジムにたまに行っていたのを、あえて約4キロ先の三軒茶屋店にかえて、渋谷−三軒茶屋間を往復歩くことにした。山手通りから松見坂方面へ右折し246の大橋へ、そこから競馬の馬になった気分で直線を真っ直ぐ、池尻、三宿、三軒茶屋へ歩く。このコースは、さまざまな飲食店があって退屈しない。往復で約8キロ。タニタの万歩計は15000歩ぐらいになる。行きはゆるやかな上り坂なので最初はつらかったが、この頃はかなり楽しくなってきた。長友さんのように毎朝ではないが、週4回ほどのペースで歩けるときを見つけてつづけている。僕の好きなウォーキングコースだ。

たまに山手線や地下鉄に乗って、知らない街への遠征も試みている。ゴールデンウィークの前にはカメラを片手に人形町から浅草・浅草寺のコースを歩いた。明治座を通りすぎると隅田川が見え、川沿いの歩道をアサヒビール本社ビルめざして歩いた。これがなかなか心地よい。カモメやネコやハトとの出会いがあって、いろいろな角度からスカイツリーが見えて、楽しかった。

連休明けの5月には片道だけど池袋から渋谷へのウォーキングにチャレンジした。JR池袋駅前の明治通りを通って新宿、そこから甲州街道へ出て西参道へ、あとはNHKに向かって直進すれば渋谷へ着く。目白、雑司ヶ谷、東早稲田、西早稲田・・・。新宿高層ビルの建物を目標に歩いていると、意外に早く新宿まで到着していた。夕暮れに歩き始め、甲州街道を歩いているときには暗くなっていて下半身の筋肉はかなり重くなっていたが、渋谷に着いたときにはいままでにない達成感があった。

まだまだ知らない街、行ったことがない街は多い。6月、7月になると、気温が上昇し、日射しも強くなるが、つづけられるだけつづけようと思っている。携帯用のクーラー、売ってるかな。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません