【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2014.01.20

「生まれてはじめて」もしくは「久しぶり」なこと その10

平田静子(クリネタ編集団/出版プロデューサー、ヒラタワークス代表)

65年間生きてきたが、産まれて初めてインフルエンザにかかった。

しかも12月24日のクリスマスイブに熱が出た。

医者にいったら、念のため調べましょう。になり、
心中、まさかねー!と思っていたら、「あー、A型インフルエンザですねー」

えーっ?!
今晩から年末まで、毎日のように会食や、忘年会やらなんやらかんやらが予定されてるのに、、、、

で、吸引型の薬を投与。
翌日には高熱がひいた。
よく効くなー!

後で聞いた情報によるとインフルエンザと診断が下ったタイミングと薬の投与のタイミングがよければ割とすぐに熱は下がるとのこと。

しかし、それからずーっと外出できず、とうとう大晦日も正月も一人で寝正月。

思い返せば、長い人生の間インフルエンザにかからなかったなあ。
ある時期には予防接種していたこともあるけどね。

とんだ年越しだと思っていたが、これはこれで、沈思黙考。そんな時間なかなか取れないし。

一年間の全てのアカがデトックスされたと思えばスッキリ!

いい時にインフルエンザにかかったともんだ、とありがたーく感謝して新しい年を迎えたのでした。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません