【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2013.11.18

行きつけの寺

中村禎 / コピーライター

初めて行ったのは1981年の夏だったから、かれこれ32年通っている寺がある。奈良県大和西大寺にある秋篠寺。そこに「伎藝天」という仏さまがいらっしゃる。広告代理店の営業から転職してコピーライターになるとき、長い休みをとって兄のクルマを借り、ひとり九州に里帰りをした。その帰路、門司から大阪南港へ向かうフェリーのなかで、ある人から聞いた話をふと思い出す。『奈良の秋篠寺というところに日本で唯一の芸事の仏さまがいる』道路地図で探してみると奈良県に「秋篠寺」という小さな文字を見つけた。今思うと、これも何かの縁だったのか。

コピーライターという職業は「芸事」ではないけれど、一般職に比べると「芸事」と言えるんじゃないか? これからコピーライターになろうとしている身としては、ここはひとつ挨拶しておいた方がいいんじゃないか?地図をたよりになんとか辿り着き、「伎藝天」さまにお参りすることができた。「これからコピーライターになる中村禎と申します。がんばりますので、よろしくお願いします」と。お守りも買ったし、これでバッチリだ。

それ以来、関西へ出張があるたびに、秋篠寺に寄るようになった。思うに、伎藝天さまには何かをお願いしに来るのではなく、これから何かをしたい時や何かを成し遂げた報告に来る方がいいような気がする。お願いだけだと、どこか不機嫌そうなお顔に見える。これからの話をしに行くと、なにやらにこやかな、応援してくれそうなそんな気がする。何回も通ってみてそう感じる。今回は「新しいことを始めたい。まだ具体的ではありませんが」と報告した。ちょっとニッコリされたような。勝手な解釈なんだけど。

*写真はパンフレットより。発行・秋篠寺 撮影・小川光三 制作・株式会社飛鳥園 印刷・共同精版印刷株式会社

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません