【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2014.02.24

イノイズム思想⑪「万歩」

柴田常文 (コピーライター / クリエイティブディレクター)

3月25日発売予定の「クリネタ春号」の予告をさせていただく。特集は「歩く人。」。編集長の長友さんは、朝サン(朝の散歩の略)をカレコレ10年以上続けている。この不断で、普段の行いが、食道ガンからの奇跡の復活を遂げた原動力となっている(と私は思う。間違いない)。私は朝ウォー(朝のウォーキングの略。別に朝サンに対抗しているわけではないけれど同じじゃなぁ、と変えてみた)を始めて、この7月で3年になる。

長友さんと、ラグビーの大西一平さんが「歩く人。」というプロジェクトを展開している。正しい歩き方の普及活動、みんなでウォーキングの実践……。その模様は、大阪の方ならFM808で毎週日曜日、8:00~8:30で聴くことができます。クリネタ春号に紹介する収録模様は、発売より早く2月23日から4週連続でオンエアされます。ぜひ聴いてみてくださいね。

そのなかで、老化とは生きるためのエネルギーが足りなくなること。だから「老いない」ためには、私たちの体の細胞の中でエネルギーを作ってくれる小器官「ミトコンドリア」を鍛えて、それに仕事をさせればいい。そのミトコンドリアを増やすには、歩くこと! という話が出てきます。

懐かしい生物で習ったような「ミトコンドリア」。美系のリケジョ、小保方さんの「万能細胞」にも出てくる「ミトコンドリア」。それがテクテク歩くだけで出来るなんて、あれま! 不思議だよねぇ。1万歩歩くのに、1時間20分はかかる。極寒の冬でも汗をかく。汗冷えを起こし、それがモトで風邪を引いたりもする(アホだね)。万歩計がなかなかピタリと10000にはならない。先日も1歩オーバーしてしまった。残念!

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません