【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2015.01.19

dentsuというロゴの入った手提げ袋

中村禎 / コピーライター

会社のビルに向かう途中。ケータイで電話しながら歩いている若いサラリーマンがいた。体育会系のがっしりした体格の男だった。でもどこかチャラい、今風な男だった。仕事の電話を終えたその男は、タバコに火をつけて歩き出した。ボクは、ややスピードを落として彼の後ろを歩いた。何かが気になったのだ。

会社のビルの近くまで来たとき、やっぱりその男はボクの予想通りのことをした。タバコを道に捨てたのだった。ふつうはいちいちタバコのポイ捨てをする人を監視しているわけではない。その男はdentsuというロゴの入った手提げ袋を持っていたから声をかけたのだった。

「それ、捨ててくんだ?」

「あ、いや・・・」

「電通の人はいつもそんなことするんだ?」

「あ、いや、電通じゃないんですけど・・・」

(グループ会社の若者かもしれない、クライアントの人かもしれない。マナーの悪いところを見られたから、とっさに、電通じゃない、と言ったのかもしれない)

「(電通の人じゃないんだったら)そんな手提げ袋持ってそんなことしたら、この会社の人、みんなそんなヤツかと思われて可哀想じゃん」

「あ、はぁ・・・」

「ケータイ灰皿くらい持ってないと、カッコ悪いぞ」

ふつう見ず知らずの人にそんなこと注意しないのだが、ウチの会社の社員だと思ったから、勇気を出して注意した。考えてみたら、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持っているからといって、ウチの社員とは限らない。でも、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持った男が、タバコのポイ捨てをする、電車の優先席に股を広げて座る、列に割り込むヤツがいたとする。それを見た人は「ああ、dentsuの人ってやっぱりエラソウね」と思うだろう。反対に、dentsuというロゴの入った手提げ袋を持った男が、妊婦さんに席を譲っている、お年寄りの手を引いて横断歩道を渡っている、外国人に道を教えている・・・なんて行動を見たら、どうだろう。「あら、dentsuの人って案外やるわね」となるかもしれない。

会社のロゴの入った手提げって何だろう・・・。伊勢丹の手提げ袋を持っていても伊勢丹の社員だとは思わない。ただ伊勢丹で買い物したんだろうと思う。新潟加島屋の手提げ袋を持っていても新潟加島屋の社員だとは思わない。「あれ丈夫だから何度も使えて便利なのよね」と思う。しかし、dentsuというロゴの入った手提げ袋はどうだろう。ふつうdentsu社員だと思うだろう。dentsuというロゴの入った手提げ袋を持って歩く人は、dentsuという看板を背負って歩いていることを忘れないようにしてほしい。だからボクは、看板を背負わないで歩くことにしている。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません