【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2016.04.11

イノイズム思想㉞「脱倫」

柴田常文 (コピーライター / クリエイティブディレクター)

不倫の倫とは、倫理の倫だよね。
倫に不! 倫ではない、ということだ。では、倫とは何か。
辞書によれば「人として守るべき道。倫理」であるという。
ゲスになってしまったミュージシャンや女性タレント、
イクメンがダメンになって辞職した国会議員、
20数年にわたって「愛人さんいらっしゃい!」だった落語家などなど
出るわ出るわ、今年は枚挙にいとまがない。

一方、絶倫というものもある。
この場合、倫とは「たぐい。同じ類」の意味。それに絶がつく。
だから、人並みはずれて優れていることをいう。
さしずめ、乙武くんの倫は、こっちかも知れない。
五体不満足と語りながら、五体満足もマッ青の絶倫ぶりだった。

千葉大という一流大学に在籍しているにもかかわらず、
なぜ少女を2年も監禁できるのか?
教員や警察官という公職に携わりながら、
わいせつ行為をしでかしてしまう者の胸中や、
いや、アタマと下半身のバランスはどうなっておるのか?

もはや「不倫」などという生やさしい言葉では言い足りぬ。
完全に倫理を逸脱している。だから私はこう呼ぶ、「脱倫」。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません