【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2015.06.15

歩く人。

長友啓典(クリネタ編集長 / アートディレクター)

大阪にFM802というラジオの放送局がある。グラフィックデザインという立ち場からこの放送局の設立のころからお付き合いを頂いている。例えば一番大切なのはこの会社のロゴ・マークを作ることだ。そこから始まり、ポスターを作ったり、チラシであったり、番組表だったりと印刷物を中心とした制作物である。設立のころのキャンペーンで「バンパーステッカー」作戦は大阪中の話題となった。街中の走行している車の3台に1台はこのFM802のステッカーが貼ってあった程だ。

そのFM802が新しく「FM COCOLO」という既存のFM局を買収して放送を開始した。FM802が若年層とすれば、「FM COCOLO」は50歳以上の年齢層をターゲットとするところであるようだ。

今回はその「FM COCOLO」にグラフィックデザイナーという立ち場でなく、参加することになった。ナントお話しをするタレントとして、である。一人では心もとないので友人の大西一平くんと二人で話をすることになった。大西くんも大阪出身だ。中学、高校からラグビーが優秀で明治大学、神戸製鋼といずれもキャプテンという経歴の持ち主である。ボクも比べる身分ではないが大阪の府立天王寺高校にてラグビーを経験し、なんと幸せなことに全国大会(花園球技場)、国体にと出場することが出来た、という関係で彼とはラグビー繋がりである。

大西くんとは先輩、後輩という関係でなく、仲間として飲んだり、食ったりのお付き合いをしている。ラグビーの話であったり、アートの話であったり、食べ物の話であったり、アササン(朝の散歩)のことには結構熱が入って話し合ったりしている。何事においても「歩くこと」が基本である、という意見は一致している。

彼は現在、東北の震災以降被災地の仮設住宅に住う老人達に「歩く」ことの大切さを問う為に足しげく通っている。閉じこもりがちのお年寄りを健康の為に「歩行寿命が延びる!ウォーキングプログラム 歩く人。」という標題で老人達を表に引っ張り出している。素晴らしいことだ。そんな日常の話をFM局のディレクターが耳にし、ラジオの番組で喋って下さいという話となった。タイトルはそのものズバリ「歩く人。」である。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません