【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2016.01.04

「ブロトモ」への誘い。

長友啓典(クリネタ編集長 / アートディレクター)

「写真日記」と言われるまま毎日、毎日の他愛ない食生活中心のブログを始めて、かれこれ10年近くになろうとしている。

周辺を見渡しても、まだやっている人はそれほどの数ではなかった。最初の1年は毎日のヒット数が2百から3百ほどのものが、千〜2千となり、4年目には毎日のヒット数が3万〜4万となった。月にして100万前後の人たちがボクのブログを通過していったことになる。

日本全国はおろか世界からの返信があった。アメリカ在住のご婦人から「ナガトモさんのブログは毎日、毎日、美味しそうなものばかりで羨ましい限りです。当地でも日本食の食材は探せば殆どのものが手に入りますが、貴方様のブログを拝見していると旬のものがいっぱいです。……いまかいまかと待ち遠しく、お茶碗、箸を両手に PCモニターの前でお待ちしております」とコメントを頂いたことがある。パリからは「六本木・与太呂の『鯛めし』を拝見しました。私も日本に帰ると飛行場から直行でお邪魔するお店です。お会いできればいい」と、親近感のあるメールを頂いたり、国際的な拡がりをみせているブログだ。ここまでになると止める訳にもいかず、今日もまた美味しいものを探し求め、発信をしている。

先日、銀座のあるお店に行った際、ボクがお料理の写真を撮らせてもらうため「よろしいですか」と許可を求めたところ、ご主人が「ナガトモさんですね、ブログ拝見しています。いずれ我がお店にも来て頂けるものと思っておりました。有難うございます。よろしくお願いします」と言われてしまった。「ボクのブログも満更でもないんだ」と心強くしたものである。

最近評判だったお店を2つほどご紹介させて頂きましょう。一つは、銀座「美登里」の「ハヤシライス」だ。以前、シャンパン鍋でご紹介したことがある。その進化したものです。今度の鍋は、「すき焼き」なのだ。すき焼きが終わった後にうどんなりごはんを入れて頂くのが常ですが、ここのご主人の発明はすき焼きが終わった後に八丁味噌で調理し、ハヤシに変換する技なんです。詳しいレシピは、長くなるので後ほどにしましょう。兎にも角にも絶品です。

もう1つは、池袋にある鮟鱇鍋「田なべ」さんです。吊るし切りとい作法で大きな鮟鱇を狭い店内調理場の天井から吊るし、解体していくのです。奇っ怪な姿に見入ってしまいますが、見かけが悪いほど美味しい、と通り相場が魚の世界です。一見、必食の価値ありのものですぞぉ。ということで、ブロトモになりましょう。お待ちしております。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません