【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2016.02.01

恒例の伏見稲荷大社への参拝である。

山岡 茂(クリネタ編集団/アートディレクター)

不思議なもので一度、お参りして御ふだを頂くと次の年にも行かなくては悪い気が…。
人間とは心弱い者だと、つくづく感じる。御酉様の場合も同じで熊手を年毎に大きく、きらびやかにして行かなければ何故か気が引ける。
今年も御ふだとお守りを頂きに京都へ日帰りの旅。新年も10日にかかわらず人出が凄い。
中国人、韓国人、西洋の人達で一杯。昔、小学生の頃、伏見は京都の南の外れ。訪れる人も少なく、例の朱の鳥居が立ち並ぶ奥社への参道も閑散としていた記憶がある。白狐が出て来そうな気配に身震いしたものだ。今やその狐に騙され参拝者が浮かれ騒いでいる。CMで一躍有名、人は情報に簡単に動かされる。
その後、晩飯の御惣菜を買いに四条から錦市場へ。伏見稲荷の参道で熱燗と、きつねうどんで昼飯と予定していたが何処も並んでとても、とても。昼飯も御預けペコペコ。店名が少々知られている、うどん屋でと2,3件ウロウロ。どこもかしこも長蛇の列。かないません。やっと戸口の小さき店に入り出雲蕎麦一杯。
錦市場も案の定の混雑。昔は無かったが店先での、焼鳥や、団子と様々な食べ物が串刺しで売られている。外国人には珍しさもあり、立ち止まり輪になって4、5人でパクパク。車がエンストしているかのように当然、細道も大渋滞。烏丸から寺町まで錦小路を抜けれるのにゴンゴン、ゴツゴツ肩が触れる。
本当に京都は混んでいる。東山連峰、静かに眠る時は当分、無いのかも知れない。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません