【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2016.04.06

皺と襞

山岡 茂(クリネタ編集団/アートディレクター)

桜も満開。水面に映る桜の花が湖面に揺れる。鏡面の世界は全てが静止。恐さが先に立つ。最近、皺、襞になったものに目が引かれる。皺は皮膚、紙、布などが表面に細かい筋目の縮みよったもの。水面の波紋もたとえて云うらしい。一方襞は袴、衣服に細かく折り畳んである細長い折り目。また、その様に見えるもの。

この様な解釈を基に考えると皺は自然に出来たもの。一方襞は人為的に出来たものと考えられるが、山の襞とも云い、これは自然に出来たもの。書いている間に何か訳が判らなくなって来た。表面に出来たものが皺で、内面に通ずるものが襞かも知れない。比較するのも馬鹿らしいが、皺より襞の方が高等なのかも。しかし両方とも「生きている」を表している。

そんな事を考えながら撮影した写真三点。ロボットもアニメもツルツル。テクスチュアに飢えているのかも。いくら皺や襞を埋めてもツルツルは無理。皺も襞も大切。今夜、奥飛騨慕情でも大声で歌ってみるか?

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません