【ウィークリーネタ】 毎週月曜日更新中!

2016.12.12

イノイズム思想㊶「新菌」

柴田常文(コピーライター / クリエイティブディレクター)

どうも、おかしい。老人はいまに生まれた人種でもなかろう。昔からいる。そりゃあ高齢化で増えているにしてもだ、突然急激に増殖しているというわけでもない。なのに、ここに来て、高齢者のドライバー事故が急増している。75歳以上のドライバーによる死亡事故は2014年には471件起きた。12年前の04年以降、毎年400件を超えているという。 全体の死亡事故件数に対する割合は04年は6.2%だったが、14年は12.9%と倍増しているのだ。

「ウイルス」のせいではないだろうか? 高齢者のドライバーだけが感染する「新型ウイルス!」 感染すると、ブレーキとアクセルを間違えて踏むだけにとどまらず、突然高速を逆走したくなったり、児童が並んで登校する歩道に突っ込みたくなったりしてしまう。

この「新型ウイルス」は、もうひとつ大きな問題を引き起こしている。それは、潜伏期間中の若者に酒が入ると、集団で暴行を働きたくなるという困った問題だ。東大や慶應など、一流と言われる有名大学生がかかりやすいという研究報告もされている。集団感染というところが問題を複雑にしている。

「ウイルス感染」としか思えない! そう思わないか、キミ!(って誰だ?)。老人がなんのために暴走し、一流大学生が性欲ごときでその輝ける将来を棒に振るだろうか。 ちょっと考えれば分かることだ。素早い対応が求められる。「駆けつけ警護」は、こっちが先だと思うのだ。

コメントする

*必須

*必須 Emailアドレスは公開されません